生活の中に刺激がほしくて、援助交際を始めました

k6HwtSnx   2016年5月8日   生活の中に刺激がほしくて、援助交際を始めました はコメントを受け付けていません。

たぶん、似たようなことを考える女性ってわたしの他にもたくさんいるんじゃないかなと思うんです。援助交際というものは、どう考えても普通の男女関係ではありません。そんなことくらい私も分かっていますし、むしろ、普通の男女関係ではないからこそ刺激になり、その刺激が快楽になるからこそ援助交際というものがやめられないという考え方はあるわけです。

男性にとっても、もちろん援助交際というものは刺激的なものでしょう。本当はやってはいけないと分かっていながら、どうしても援助交際というものに手を染めてから抜け出せなくなる、だからこそ、出会い系サイトを利用して援助交際というものに手を出している人は男女ともに結構多いんです。

援助交際というもの自体、まず言葉が有名ですが、言葉だけがあるのではなくて、援助交際というものに手を出している人はたくさんいるわけですよ。どうして援助交際をやっている人がたくさんいるということがわかるのかというと、出会い系サイトの掲示板に「援助交際希望」の旨を書き込むと、利用者からの反応がたくさんあるからですね。

もちろん、援助交際を希望する旨の書き込みは、サクラが書き込んだものである可能性も非常に高いため、悪徳サイトの詐欺の被害に遭うリスクを恐れて、そもそも援助交際希望の書き込み自体まったく見向きもしないという人もいます。出会い系サイトを利用してどういう出会いを望むかというのは利用者の自由なので、もちろん、援助交際をやっていることについて批判する人がいるのもいいと思います。

私は実際に援助交際をやっている女なので、批判することを言いことと表現するのは少し矛盾しているかもしれないのですが、世の中にはいろいろな考え方をする人がいるのはよく分かってますし、やっぱりどう考えたって、援助交際が正しいのか間違っているのかということを考えると、間違っていると考えるのが普通だと思うのです。

ただ、間違っていると考えるのが普通の考え方というだけであって、私自身はそんな普通の考え方に合わせようとは思わないのです。もともと、普通すぎる日常の生活に飽き飽きして、退屈のあまり自分がどうにかなってしまいそうだと思ったこともあったので、普通の生活の中では絶対に得られない刺激を求めて、本当はあまりよくないことなのだということを十分に理解したうえで、出会い系サイトを利用して出会いを求め始めました。

私は人妻だったので、もちろん夫に対する罪悪感はありましたが、ふしぎなもので、罪悪感すらも快楽の源になってしまうのです。